浮(ぶい) - あかるいくらい (LP)

浮(ぶい) - あかるいくらい (LP)

通常価格
$38.00
通常価格
セール価格
$38.00
単価
あたり 
公開状況
売り切れ
税込

米山ミサのソロ・ユニット、浮(ぶい)。『三度見る』に続く2作目のアナログ作品は、フォーク、ジャズ、クラシック、カントリー、民謡、唱歌……、それらカテゴリーの柵を軽やかに飛び越えた話題作。

CD/配信に未収録の「まなざし」(B3)を追加収録&LP用に曲順を再編成、ライナー兼帯付き仕様。

レーベルインフォより
ひとつの曲を小さな組曲として構築していく精細なアレンジは、2021年より活動を共にする藤巻鉄郎(ドラムス)、服部将典(コントラバス)との「浮と港」によるアンサンブルで、さながら氷の宮殿を出現させるかのよう。さらに、リスナーの目の前で歌っているような親密な弾き語り曲も2曲加え、テライショウタ(GOFISH)との共作曲「石の浜」のデュエットや、楽曲が持つ爪痕をさらに深くしていくイガキアキコの変幻自在のバイオリン、「つきひ」を支える森ゆにの深々としたピアノの懐かしみ。そしてもちろん、浮の傍で欠かせない歌声を並べてきた白と枝も参加して、アルバム全体に美しいアクセントを散りばめています。浮=米山ミサの歌声、みずみずしい楽曲と稀有なうた言葉が愛される理由やそのエッセンスは、きっと本作『あかるいくらい』でついに明らかとなるでしょう。
Japanese
Japanese