新崎純とナイン・シープス Jun Arasaki and Nine Sheep, Visible Cloaks - かじゃでぃ風節 Kajyadhi-fu bushi (7inch)

新崎純とナイン・シープス Jun Arasaki and Nine Sheep, Visible Cloaks - かじゃでぃ風節 Kajyadhi-fu bushi (7inch)

通常価格
$12.00
通常価格
セール価格
$12.00
単価
あたり 
公開状況
売り切れ
税込

2022年版!新装ジャケにてリプレスされました!
前回買い逃してしまった方は即買ってくれ!


「かじゃでぃ風節」は琉球古典音楽・琉球舞踊を代表する曲で、めでたい祝いの席で演奏される大定番。通常、少人数で三線を伴奏に歌われるものだが、新崎純(あらさきじゅん)というミュージシャンの好奇心から、ビッグバンドで演奏したらどうなるか?と70 年代に実験されたのが本ヴァージョンだ。人間国宝の照喜名朝一をはじめとする演奏家がスタジオに集められ、5 人の三線奏者、4 人の管楽器奏者、ピアノ、エレキギター、エレキベース、パーカッションとドラムの総勢13 人で、なんとリハ無しぶっつけ本番、一度きりの演奏で吹き込まれたまさにミラクル録音。新崎によると和声が無い琉球古典ゆえに編成と編曲には苦心したというが、出てきた音は重厚な荘厳さを漂わせ、更に音楽マニアには琉球音階の『Pet Sounds』に聞こえてしまうというオマケ付き。リリースにあたり当時記録用に録音したカセットテープを発掘できたのはこれもまた奇跡である。このテイクにノックアウトされたヴィジブル・クロークスによるリミックスは、あの世でもこの世でもない<第四世界>の傑作ヴァージョン。
 なお、シープス(sheeps)は綴り間違いだが、原題のままにしている(英題では修正)。

Japanese
Japanese