VIDEOTAPEMUSIC - Revisit(CASSETTE+BOOK)
VIDEOTAPEMUSIC - Revisit(CASSETTE+BOOK)

VIDEOTAPEMUSIC - Revisit(CASSETTE+BOOK)

通常価格
$37.00
通常価格
セール価格
$37.00
単価
あたり 
公開状況
売り切れ
税込

館林、野母崎、須崎、塩尻、嬉野、そして多摩湖。今まで訪れた土地。変わり続ける風景。二度と戻らない時間。ビデオテープに残された町の記録と、記憶。語りかけるノイズとアンビエンス。渡り鳥と、動かない島。漂着物、電波塔、台風、国道、夜の闇。再訪を繰り返すことでしか生まれない固有のグルーヴ。VIDEOTAPEMUSIC、 5枚目のアルバム「Revisit」が発売決定!

 

ミュージシャンであり、映像ディレクター。失われつつある映像メディアであるVHS テープを各地で収集し、それを素材にして音楽や映像の作品を制作しているVIDEOTAPEMUSIC。

 

近年では日本国内の様々な土地を題材にしたフィールドワークを行いながらの楽曲制作を行なっているVIDEOTAPEMUSIC が、滞在制作で訪れた館林(群馬)、野母崎(長崎)、須崎(高知)、塩尻(長野)、嬉野(佐賀)の各地を再訪(=Revisit)し、再レコーディングを行い再構築した楽曲群に加えて、多摩湖を題材に渋谷WWW で開催した自身の単独公演「UNDER THE LAKE」(2023 年12 月開催)のために書き下ろされた新曲2 曲、高知出身で須崎での滞在制作の経験もあるoono yuuki、長崎出身のアーティストAkito Tabira という須崎、野母崎に縁のあるアーティストによるRemix トラック2 曲をコンパイルした全9 曲収録の5 作目のアルバム「Revist」が完成。このアルバム作品を音源(カセットテープ)と、各地での滞在制作 - 再訪の際の日記など、作品や訪れた土地にまつわる記録、記憶を書き綴ったテキストを収録した全160P の書籍を特製ケースにパッケージした限定プレス” カセットブック” として2024 年6 月5 日(水)リリース決定。

 

細野晴臣「花に水」(冬樹社, カセットブックシリーズ「SEED」)に代表される80 年代に生まれた“聴く” と“読む” という行為を複合させたカセットブックというミックスドメディアを使ってVIDEOTAPEMUSIC が観せる(魅せる)土地の記録と記憶。野母崎を題材にした楽曲には長崎出身のミュージシャン角銅真実の朗読をフィーチャリングしている。各地でのフィールドレコーディング素材も多く使用されている今作のミキシング、マスタリングはアーティストとしても世界各国のレーベルからアンビエント・ドローン作品を多数リリースしている畠山地平が担当。書籍の編集は桜井祐(TISSUE Inc.)、アートワーク、デザインは坂脇慶、飛鷹宏明が担当している。


[Tracklist]

1. Tamako
2. Tatebayashi
3. Nomozaki(feat. 角銅真実)※5/29(水)〜先行配信
4. Susaki (Flotsam)
5. Shiojiri
6. Ureshino (Cha Cha Cha Dub)
7. Goujyou Jima (強情島)
8. Nomozaki (Akito Tabira Remix)
9. Susaki (oono yuuki Refloat Mix)

credit

Sound Produce / VIDEOTAPEMUSIC
Mixing (M1-M7), Mastering / Chihei Hatakeyama

Art Direction & Design / Kei Sakawaki, Hiroaki Hidaka
Editorial Direction / Yu Sakurai (TISSUE Inc.)
Still Life Photography / Makoto Oono
Documentary Photography / VIDEOTAPEMUSIC

Revisit(BOOK 160P)
—————
目次
序文 5

館林 10
再訪日記 二〇二三年三月二十四日〜二十七日 16
「Tatebayashi」メモ 33

野母崎 42
再訪日記 二〇二三年四月十七日〜二十日 50
「Nomozaki」メモ 62
寄稿「流れ」Akito Tabira 68

須崎 72
再訪日記 二〇二三年二月二十二日〜二十五日 78
「Susaki (Flotsam)」メモ 89
寄稿「再び漂流する音」oono yuuki 94

塩尻 100
再訪日記 二〇二三年六月十二日〜十四日 106
「Shiojiri」メモ 119

嬉野 126
再訪日記 二〇二二年七月二十一日〜二十三日 132
「Ureshino (Cha Cha Cha Dub)」メモ 138

エピローグ
多摩湖再訪 二〇二三年十一月二十四日 148

—————

著者・記録写真 VIDEOTAPEMUSIC
編集・註釈 桜井祐(TISSUE Inc.)
装幀・レイアウト 坂脇慶、飛鷹宏明
静物写真 大野真人
発行 株式会社カクバリズム
印刷製本 株式会社八紘美術

Japanese
Japanese