Nora Guthrie - Emily’s Illness c/w Home Before Dark (7”)

Nora Guthrie - Emily’s Illness c/w Home Before Dark (7”)

Regular price
$15.00
Regular price
Sale price
$15.00
Unit price
per 
Availability
Sold out
Tax included.

アメリカのレジェンドフォーク・シンガーWoody Guthrieの娘でArlo Guthrieの妹、Nora Guthrieが1967年に唯一残した幻の7inchで、EM Recordsが2009年に復刻した一枚がクリアブルーVINYL+印刷物マイナーチェンジで復活!




↓以下レーベルインフォより↓
14年越しリプレスで実現する<完全版>。装丁デザインを刷新(当初のオリジナル図版アイデア採用 ※註)、レーベル面、ジャケット方式を変更、さらに2009年版に掲載できなかった貴重写真と歌詞も掲載した完全版仕様でお届けします。


アメリカのフォーク・ミュージシャン、ウディ・ガスリーの娘で、SSWのアーロ・ガスリーの妹、また、著名なイディッシュ語詩人アリーザ・グリーンブラットの孫であるノラ・ガスリーが、1967年、17歳で発表した唯一の、そして宝物のようなシングル。「Emily’s Illness」はビーチボーイズ『 Pet Sounds』のような音像と、耽美的サイケデリア/アシッドフォーク感覚が併存した奇跡のような曲として60年代音楽マニア界隈を越えてきき継がれる美しき傑作だ。
「 Emily’s Illness」の題名と歌詞内容は19世紀の詩人エミリー・ディキンソンへあてたオマージュといわれ、装丁に使ったノラの当時の写真もディキンソンの時代世界を思わせる。この曲を書いた当時18歳のエリック・アイズナーは彼女のボーイフレンドで、フィフス・アヴェニュー・バンドの前身となるストレンジャーズというバンドでピーター・ゴールウェイと一緒に活動していた。エリックとノラは当時ジョアン・ジルベルト(とその歌い手のアストラッド)に夢中で「Emily’s Illness」にも「Home Before Dark」にもその影響を聞き取ることができるが、何よりも歌手として全く素人のノラを歌わせたことで別のミラクルが発生。録音面では職業音楽家のアーティー・シュロックが印象的なハープシコードや弦楽器を入れてメランコリックな世界を演出した。(なお、その後エリック・アイズナーがハウディームーンに提供した「Nora Lee」とはノラ・ガスリーのこと。)

※註:
2009年版は当時まだ珍しかったアート印刷の技術を採用し、その効果を活かすため当初考えていた装丁デザインを修正した(ことを今回思い出した)。その印刷が零細には超高額でかつ当時のシングル盤価格が安かったこともあり、幾ら売っても利益は永遠にマイナス、、そのため付けるつもりだったインサート印刷を断念したというオチ。あれから15年ほど経ってうちも少しは賢くなり、今回は念願だった貴重写真と歌詞を掲載し「完全版」にすることができました。

=作品仕様=
+ 6 面折り込みジャケット
+ 貴重写真、歌詞掲載

TRACKS:

Side A
Emily’s Illness

Side B
Home Before Dark
English
English